うつ病の回復には休養が大切|診断書をもらって心と身体を休めよう

医師

反復性を認識する

病棟

うつ病はその半数が20歳から50歳の間で発症するといわれています。この年代の多くの人が、社会の中心となってバリバリ働いています。仕事上での責任もとても大きく、プレッシャーやストレスを日々感じながら生活を送っている人が多いでしょう。強いプレッシャーやストレスを日々感じ続けていると、身体は悲鳴を上げてくることをご存知ですか。特にうつ病に関しては、心の問題なので、その症状が目に見えて身体に現れることは少ないです。そのため、自分が気づかないうちにうつ病にむしばまれるといった人が数多く存在しています。気づいたときには重症化していたケースが多数あるのです。心と身体に限界が生じたときには、一度病院で診断書をもらってお休みすることが回復への近道と言えるでしょう。処方されるお薬だけでは、うつ病を治すことは難しいと考えられます。日々の活動の中には、少なからずストレスが潜んでいるので、知らず知らずのうちにストレスを感じてしまってダメージが蓄積する可能性があるのです。

うつ病は、症状が何度も反復して現れるという特性を持っています。よくあるケースが、初診のつもりで受診した患者さんの話をよく聞くと、過去にもうつ病を発症してたのではないかというものです。そのときにはあまり症状が重くなかったこともあり自分で乗り越えていることがあるのです。うつ病を治療するときには、この病気の反復性を認識することが大切になります。何度発症しても、気分を落ち込ませることがないようにすることが大切なのです。病気が再発したら、無理をせずに診断書を提出してお休みをいただきましょう。うつ病もれっきとした病気の一つなので、診断書を発行してもらえます。診断書を提出して休職することはあなたに与えられている権利の一つです。堂々と胸を張って治療に励んでもいいのです。