うつ病の回復には休養が大切|診断書をもらって心と身体を休めよう

医師

気軽に利用する

カウンセリング

自分がうつ病かもしれないと思っていざ病院へ行こうとしても、一体どの科に行けば良いのかわからない人も多いと考えられます。自分の体の症状とマッチしていないところへ行っても、その症状が改善する可能性は低くなるのではないでしょうか。そのようなことにならないためにも、事前に自分の症状に合うところを調べることはとても大切です。一般的に、心の問題を抱えた人を治療することができるのは、心療内科、精神科、神経科だといわれています。それぞれの病院で対応している病気は異なるので、それぞれの違いを認識しましょう。

心療内科は、うつ病の身体的な症状が強く出ている場合の治療をするのに向いています。心の病にかかってしまうと、体に不調が出ることがあります。その症状は、吐き気やだるさ、疲れやすさなど、風邪などの内科の症状によく似ています。しかし、内科で診てもらっても、その原因は脳にあることから異常なしと診断されてしまいます。体が不調をきたしているのに、内科で異常が見つからないときには、心療内科へ足を運ぶのが良いでしょう。精神的なストレスが原因となっている可能性があります。意外とあっさりと診断書をもらうことができることも特徴の一つになります。

精神科は、うつ病の症状が心に現れているときに有効な処置を行なうことができます。症状としては、不眠や不安、イライラなど、気分に関するネガティブな反応をその例としてあげることができるでしょう。特に強い症状としては、自殺願望なども出てきてしまうことがあるので、早めの処置が大事であるといえます。自殺願望まで出てきてしまったときには、きっちりと診断書をもらってお仕事などの日々の活動をお休みした方が良いと考えられます。

心療内科は、神経の異常が疑われる症状が強く出ている場合に有効な治療をすることができます。身体が震える、力が入らないなどは、ストレスで神経系に異常が出てしまったことによって生じるうつ病の症状です。

これらの病院は多くの人が敷居が高いと感じているため、病院に行った方が良いと思っても、なかなか足が向かないという人も多いでしょう。しかし、これらの病院は私たちが気軽に通うことができるということを知らなければなりません。うつ病が要因となって会社を休むときなどは診断書を必要としますが、その診断書も相談をしたら簡単に手に入れることができます。少しでも不調を感じたときには、すぐに利用してみることをオススメします。